歯医者がマイクロスコープを用いる治療とはなにか

歯医者がマイクロスコープを用いる治療とはなにか

患部を拡大することで、より正確な治療を行う方法にマイクロスコープがありますが、現在では、様々な医療分野で利用されています。歯科においても、その普及率は2~3%と低いものの治療に使用している歯医者もおり、ここでは、自由診療となる高度な治療において用いられています。



マイクロスコープを用いて歯医者が行なう治療としては、主に、根管治療、MI治療と呼ばれる精密な虫歯治療、審美修復治療、マイクロサージェリーがあります。

まず、根管治療は、マイクロスコープが最も必要とされる治療の1つとなっています。

All About情報を、皆様へ配信するサイトです。

根管は非常に複雑で細かい形態をしているにもかかわらず、これまでは、歯医者による手指の感覚を頼りに治療が行なわれてきました。

ここでは、使用をすることで拡大視することができ、直接根管内を見ながら正確な治療を行うことができます。MI治療においては、虫歯の患部を高倍率で見ながら治療を行うことで、より精密な処置をすることが可能となります。

東京のマイクロスコープの新しい魅力を紹介します。

悪い部分のみを削ることができるために削る歯の量を最小限に抑えることができ、処置に関しても小さな範囲のみの封鎖で済ますことができるようになります。

審美修復治療は、その目的から非常に高い精度が要求される治療となりますが、ここでは、使用することで数ミクロン単位の治療を行うことが可能となります。マイクロサージェリーは、治療内容としては、インプラントや歯周再生治療、歯周形成外科治療がありますが、これらの治療は、小さなメスや細い縫合針を用いた手術が伴うことになります。

マイクロスコープを使用することで傷口も小さくすることができ、結果として、早期に治すことや傷跡を目立たななくすることが可能となります。

Copyright (C) 2016 歯医者がマイクロスコープを用いる治療とはなにか All Rights Reserved.