歯医者の治療技術向上に役立つマイクロスコープ

歯医者の治療技術向上に役立つマイクロスコープ

肉眼の3~25倍にまで視野を拡大できることからマイクロスコープは、手術用の顕微鏡として眼科や脳神経外科の手術に主に使われていました。

また、アメリカの歯内療法の専門医には使用が義務付けられているほど歯の治療にかなり役立つ医療機器となっていますが、日本の歯医者における導入率はまだまだ低いのが現状です。

しかし、精密かつ正確な治療を行うことができるマイクロスコープの導入を考える日本の歯医者も増えてきているのです。

歯科は主に虫歯などミクロン単位の細菌の感染を取り除くことを目的とした医療ですから、より正確で高度なレベルの治療が必要となります。

NAVERまとめについて分かりやすくまとめてあります。

これまでは肉眼で患部を確認しながら歯医者としての経験や勘を頼りに歯の治療を行わなければなりませんでしたが、マイクロスコープを使用することで肉眼では見ることができないような細かい部分まで確実に確認することができます。

そういったことから、虫歯の取り残しや感染部分の取り残しなどを高い確率で防ぐことが可能になり、質の高い歯科治療を実現できるのです。



また、アメリカの歯内療法の専門医に使用が義務付けられているようにマイクロスコープは特に歯の根や神経の治療を行う根管治療で最も効果を発揮します。

神経が入った歯の根の中の空間は非常に複雑な形をしているため、肉眼での確認は特に難しいのです。

実際にこれまでは基本的に歯医者の勘や経験によって治療が行われてきました。



しかし、マイクロスコープを使えば根管内を拡大することができるので、これまでよりも精密で正確な治療を行うことができるのです。

これからの日本の歯科医療には欠かせない医療機器のひとつであるのは間違いないと思います。

Copyright (C) 2016 歯医者の治療技術向上に役立つマイクロスコープ All Rights Reserved.